ヘッド ホークタッチ 辛口インプレ 扱いやすい高コントロールガット

ヘッド ホークタッチ 辛口インプレ 扱いやすい高コントロールガット

2021年11月8日 0 投稿者: gura

 ヘッドの「ホークタッチ(1.25㎜)」(head hawk touch)を、ピュアドライブVSに50lbで張ってみました。

 意外と丸型のポリストリングは、スピン量の少ないストリングが多いですが、ホークタッチは、丸型の中で「オリジナル」「アルパワー」と並ぶ高スピンガットでした。また、コントロール性の高さも、かなり高いです。えげつないアングルショットが打てたり、セカンドサーブのスピンサーブも、ラインきわきわを狙えます。

 また衝撃吸収性も非常に高めです。ポリストリングの中では「アイスコード【インプレを見る】」がトップクラスに衝撃吸収性が良いのですが、テンション維持的な問題でコントロールが乱れるのが早く、使うのに躊躇してしまいましたが、ホークタッチは、そんなことがありませんでした。





 スペック

 「ホークタッチ」は、ヘッドから発売されている丸型のポリストリングです。

 公式HPには、「あなたのラケットにこのストリングを張ることで、すべてをコントロール下に置くことができるのです。・・省略・・あなたはゲームで最高のコントロールを実現できます。ハイレベルのツアートーナメント・プレーヤーに合わせてデザインされたストリングの弾力性は、正確なフィードバックと絶妙な感触を可能にし、さまざまなゲームをこなし、どんなストロークもそして最終的にはどんなゲームも完全にコントロールすることができます。あなたのゲームにハイレベルなコントロールが必要ならば、HAWK TOUCHはまさにぴったりなストリングです。」と書いてあります。

 ホークタッチは、シナー(縦&横)、ズベレフ(縦)、ルブレフ(横)などの選手が使っています。

 は、アンスラサイト(黒に近いグレー)と、レッド(少し濃いめ)です。
 ゲージは、1.15㎜・1.20㎜・1.25㎜・1.30㎜がありますが、公式HPには1.15㎜と1.25㎜しかないので量販店には、この二つしかないかもしれません。
 伸び量(とは?)は、後日掲載します。




 インプレ

 打感

 フラットショット時のたわみ量は、[3/5]です。
 スピンショット時の最大伸び量は、[3/5]です。
 衝撃吸収性は、[4.5/5]点と高めです。

 たわみ量も、最大の伸び量も平均位の大きさです。

 衝撃吸収性は非常に高めで、トップクラスのアイスコードの次位だったりします。

 ホールド時間は平均位です。スピン量的に、「アルパワー」や「オリジナル」などと比べられやすいですが、アルパワーやオリジナルの、フラットで打った時の球離れの速さは、良くも悪くもありません(後述します)。


 反発[3/5点]

 反発は標準です。

飛びすぎず飛ばな過ぎずなところです。


 スピン[3/5点]

 スピン量は、多めです。丸型ストリングの中では高いスピン量です。

 これ以上のスピン量のストリングは、「オリジナル【インプレを見る】」か、「ハイパーG【インプレを見る】」のような多角形か、「アルパワーラフ」のように、表面に凸凹があるタイプのものしかありません。


 コントロール[5/5点]

 コントロール性は、非常に高いです。

 ただ、どちらかというと、思いっきり振った時のコントロール性ではなく、距離感の一致度です。特にアングルショットの精度が高いです。

 「オリジナル(ルキシロン)【インプレを見る】」の方が、フラットドライブで打った時にホールド時間が短くなるため(スピンをかけて振ればホールド時間は短くない)、コントロールの乱れを誘発するスナップバックが小さく、思いっきり振れます。また、多角形の「ハイパーG(ソリンコ)【インプレを見る】」や「プラズマヘキストリームピュア(シグナムプロ)【インプレを見る】」もスナップバック量が少ないためしっかり振っていけます。逆を言えば、フラットドライブで打った時のホールド時間が短いため、スピン量の調整力は球離れが早くならない「ホークタッチ」です。


 ボールの伸び

 ボールの伸びに関しては、どうなんでしょう?あまりうまく表現できないです。

 まず、(スライスのように)滑ってくるような伸び(水平方向のボールスピードが最も速い)は、「オリジナル【インプレを見る】」の方が良いです。また、スピンによる跳ねで返球しにくいのも「オリジナル」です。

 ただ、「ホークタッチ」の方が、フラットドライブで打った時のホールド時間がしっかり、繊細なスピン量コントロールがしやすいため、ボールスピード+スピン量という、バウンド後の飛距離が長いショットが打ちやすいです。



 テンション維持

 テンション維持に関しては、高めです。

 「オリジナル」は、2週間くらい経つと軽い振動が出てきてしまいましたが、「ホークタッチ」はそういうことがありませんでした。

 また「ホークタッチ」も「オリジナル【インプレを見る】」も、コントロール性の下降具合は、低めです。





 ショット別インプレ

 ストローク[4/5点]

 距離感の一致度や、スピン量の調整のしやすさは非常に高い一方、ハードヒットした時にもう少しストリングの伸び量が少ない方がうれしく感じました。

 ただ、普段「RPMブラスト」の1.25㎜を使っていたり、ローテンション(45lb以下)で張っている方なら、全く問題ないと思います。


 ボレー[3/5点]

 ボレーに関しては、可もなく不可もなくといったところです。


 サーブ[5/5点]

 サーブは、距離感の一致度から、かなり厳しいコースを狙えます。またスピン量も多く、スライスやスピンサーブの攻撃力が高いです。



 比較インプレ

 オリジナル(ルキシロン)

 ちょくちょく述べていますが、「フラットドライブのコントロール性&伸び」・「スピンの攻撃力」は、「オリジナル」の方が優れています。

 一方、「繊細なコントロール性」・「打感の柔らかさ」・「癖の少なさ」は、「ホークタッチ」の方が優れています。

※随時更新します。




 まとめ

 「ホークタッチ」は、コントロール性が高く、スピン量も多いストリングです。また衝撃吸収性も高いです。


 おすすめな人

 「繊細なコントロール性を求める人」・「コントロール性と衝撃吸収性を求める人」は、「ホークタッチ」が一番お勧めです。

 安定感を求めるなら「アルパワー」、スピンの攻撃力とフラットドライブの攻撃力が両方欲しければ「オリジナル【インプレを見る】」がおすすめです。


 セッティング

 伸び量が少し多めのストリングなので、エクストリームやピュアアエロなどのストリング間隔が広いラケットには、1.30㎜をお勧めします。ピュアドライブ2021に関しては、もともとスピン量が少ないため、1.25㎜でも良いのではないでしょうか。

 また、極端なローテンションで張ることもあまり推奨できません。50前後より高いテンションで張ることをお勧めします。


類似ガット+反発アルパワー・オリジナル
+コントロールプラズマヘキストリームピュア
+スピンRPMブラストオリジナル
+柔らかさ